行政書士開業成功法

行政書士で開業して月収100万円を稼ぐための7つの手順。

今回の内容を全て実行していただければ、確実に月収100万円は実現できます。

目標到達までに「やるべきこと」を7つの手順に分けて、体系的にまとめています。それぞれの手順には、関連した参考記事へのリンクを張ってます。

解説文とあわせて一つ一つ、参考記事を熟読し、実行に移してみてください。

参考記事を含めますと、全て読み込むのに相当な時間が掛かると思いますが、実行していただければ、必ず結果が出ます。

※当記事は4年ほど前に書いた記事ですが、適宜最新の情報に更新しており、現在でも十分に通用する普遍的な内容で構成しております。どうぞご安心の上、読み進めて頂ければと思います。

では、どうぞご覧ください。

ステップ1 行政書士も起業家。まずはお金について学ぶ。

「集客する為にはお金がかかる」という厳然たる事実から目を逸らさないこと。

下記、「集客はタダではできない」では、お金の使い方、広告の必要性、集客・マーケティングに関して本質的な部分を書いています。

行政書士で開業、成功するために「土台」となる「お金」に対する考え方。土台がグラついていると、何をやっても上手くいきません。

いつまでもふらふらと低収入ゾーンを彷徨うはめになります。

うまくお金を使えない人は、事業経営には向いていません。まずはお金の使い方について学んでください。

新人行政書士さんは、投資に対する考えが希薄な傾向にあります。

お金を使って、お金を生む。広告を打って集客をする。

タダで出来る集客法なんて知れてます。

タダほど怖いものはないと言いますよね?

無料サーバー、無料HPテンプレ、無料ブログなどありますけど、それらに費やした時間は水泡に帰す可能性があります。

無料サービスですから、いつサービス終了になっても文句は言えません。

努力して書いたコンテンツや作ったデザインも全てがパーです。

リスクが高すぎます。

無料HPで売上を立てようなんて言う甘い考えは、「いますぐ」に捨ててください。

ステップ2 取り扱い業務を決める。

業務選択の方法は、この2つに大別されます。

  • 市場規模がある業務(利益追求型)
  • 自分がやりたい業務(理念先行型)

開業当初は資源(人・物・金・時間)も有限ですから、「選択」と「集中」が必要。

熟考して、業務選択して下さい。

くれぐれも、慎重に。

選択ミスしたら廃業までまっしぐらです。どれだけお金を使っても、業務選択をミスしたら、それこそ溝にお金を捨てるようなもの。

では、どのように業務選択を行えばいいのでしょうか?

まずは、市場調査を徹底的に行う。

ここは絶対に、怠ってはなりません。

商圏、市場規模、ライバル数等は最低限確認しておきましょう。

みなさん、簡単に業務を決めすぎなのですね。熟考に熟考が必要な部分。

業務選択は慎重すぎるほどでOKです。

ちなみに、事業が軌道に乗りやすいのは、言わずもがな、利益追求型業務選択ですね。

理念先行型は、今の日本の経済状況を鑑みても、かなり厳しいですね。

やり方次第で食べていけないことはないにせよ、軌道に乗るまで数年はかかります。それなりの覚悟と我慢が必要になります。

多額の貯金を食いつぶしながらでも情報発信を行い、実務知識を養う。コツコツと経験を積む。

業界で唯一無二の存在になれるまで、我慢が必要です。資金力も必要になりますね。

いくら我慢しても、食べていけるかは分かりません。

時の運的な要素が多分にあります。

時流に乗れるか、タイミングよく世の中が自分を必要としてくれるのか?

一か八かです。

業務選択については、これらの記事も参考にしてください。

ステップ3 実務知識を付ける。業務受注体制を整える。

行政書士は求人も少いですから、実務経験無しで開業する方がほとんどです。

僕もそうでした。

行政書士の商品は「実務処理能力」及び「その周辺ノウハウ」です。

行政書士業も商売です。商売するなら、決して「商品」はおろそかにはできません。

業務を完遂できる必要最小限の能力担保はしておきましょう。

開業初期段階で、実務について相談できる先輩や外注先を確保したり、実務書式を予め用意することが重要です。

商品力=実務力はもちろん、販売力、コミュニケーション力も、この段階でぜひ勉強しておいてくださいね。

実務と集客ができても、販売ができなければ売上には繋がりません。

これ、結構大事な部分なのですが見落としがちです。

集客と販売は別物です。

集客力・実務能力・販売力・コミュニケーション力は足し算ではなく掛け算です。どれか一つがゼロだと、結果もゼロ。

既に開業している行政書士さんで、なかなか結果が出ない方は、この4つの中で、「何か欠けている部分がないか?」を、考えてみてください。

販売に関しては下の書籍がおススメです。

営業・販売の名著。出来る営業マンは必ず読んでるバイブルです。

営業マンは断ることを覚えなさい (知的生きかた文庫)

以下、実務と集客については、下記も参考にしてください。

ステップ3 営業手段を考える。

  • ネットを使うのか?
  • アナログでいくのか?

を決めます。

理想は両方ですが、開業当初はどちから一方を選択した方が効率的。得手不得手もあるでしょうから、得意なほうから始めましょう。

前職の経験を活用できそうなら、最大限、活用してください。

ちなみに我々の事務所は売上の9割はWEB経由です。

絶対的にお勧めなのはWEB。

WEBの方がスタートダッシュが決めやすく、また、小資本で始められて、人手も要りません。それに、バックボーンがなくても一から取り組みやすい。

下記ページに詳しく書いてますので、参考にしてください。

ステップ4 ホームページを作る。

取り扱い業務も決まって、業務受任体制が整い、営業方法が決まれば、次は媒体作りです。

低資本ではじめられるのがHPの良いところ。

当然、手順2で決めた取り扱い業務に専門特化したサイトを作ります。

コーポレートサイト(会社案内だけのホームページ)を作っても意味ありません。

専門特化したサイトの方がSEOでも効果は出やすく、成約率も上がります。

ホームページを作る上で考えるべきは単純。

この2つです。

1.デザイン
2.コンテンツ

デザインは素人丸出しデザインはNG。仕事取れません。費用は10万程度でいいので、プロにデザインを組んでもらいましょう。

現在、SEOは被リンクよりもコンテンツの質・量が重視されています。

コンテンツが書けなければ、WEBは失敗します。HPはデザインとコンテンツの両輪ですから、片方が駄目なら効果はゼロ。

コンテンツは更に2つに分けて考えます。

1.アクセスを呼ぶためのコンテンツ
2.売るためのコンテンツ

です。

極論、WEBは「書ければ、売れ」ます。書けなければ、売れません。

コンテンツを軽視する人がいますが、いつまで経っても結果出ないのは、それが原因です。デザインに大金はたいて立派なページを作っても、中身がゼロなら、結果もゼロ。

下の記事では、コンテンツの書き方、SEO対策について書いています。

行政書士に特化した記事なので、参考にしてください。

ステップ5 集客する(SEM:検索エンジンマーケティングを施す)。

まずは下の記事を熟読してください。

WEBの場合

アナログの場合

集客なくして売上なし。事務所を構えて電話線引いて、ボーっとお茶飲んでても電話はなりません。

リスティング広告を出稿する
・SEO対策をする。
・定期的にコンテンツを更新・追加する。
・競合との差別化をする。
・信用を得るためのお客様の声を集める。
・メールマガジンや無料レポートなどを利用してリストを集める。

すべきことは山ほどあります。

プルとプッシュを使い分け、とにかくアクセスを稼ぐ。

集客して、問い合わせを取り、売上に繋げます。

アナログの場合は、紹介がメインになるでしょう。とにかく人に会って、顔を売ることでしょう。

その際も、ただ漫然と「仕事ください」と言っても、誰にも相手にされませんので、自分の武器となる「商品」を明確にし、いつでも円滑なプレゼンテーション(自分を売る)を行える能力が必要になります。

ステップ6 顧客管理をする。リピーターを増やす。

ここ、とっても大事です。顧

客管理、リピーター化の仕組みを取り入れていない事務所は多いです。超もったいない。

新規顧客の獲得にお金掛かりますけど、リピートしてもらうのにはお金は掛かりません。

1~5の手順がある程度板についてきたら、顧客管理とリピーター化に注力することで、事務所経営は安定します。

定期的にお客様とは連絡を取るようにしましょう。

アクションはメール、電話、訪問、お客様の迷惑にならない方法であれば何でも構いません。

ステップ7 手順2~6を繰り返す。

行政書士は、そう簡単には顧問契約は取れません。

毎月安定的に収入を得る方法も無くはないですが、基本的にはスポット業務がメインになります。

なので、新規顧客の開拓、新規市場への参入は続けていく必要があります。

一つの業務で上記スキームが達成できたなら、また次の業務。次の業務ができたら、また別の業務。と。

1~6の手順を1回だけやるだけでも月100万円は達成可能ですが、更なる飛躍、もっともっと売上を上げたい、稼ぎたいという方は、2~6をひたすら繰り返しましょう。

なお、顧問契約獲得が難しいと一般的に言われている行政書士であっても、顧問契約で安定収益を目指したい場合は以下を参考にしてください。

まとめ

以上、参考になりましたでしょうか。

それぞれの参考リンク記事を熟読し、行動に移してみてください。

運営者である我々3者がやってることは、7つのステップをひたすら繰り返しているだけ。

新人さんは、「行政書士開業」をあまりにも難しく考えすぎてるような気がします。

ネット上のネガティブな情報は気にしなくてもいいです(逆も然りで、資格学校のポジティブキャンペーンも信じすぎてはいけませんが。笑)。外野でごちゃごちゃ言ってる人は、結局何も行動に移せてない人達ですから。

目標を立てて、やるべきことを淡々とやるだけでいいんです。

最後に、僕らはあまり触れることはありませんし、精神論をつらつらと述べるのも好きではありませんが、行政書士を開業して月収100万円を達成するには、やっぱり「メンタル」の部分も大事です。

開業するってことは、全ての責任・プレッシャーは代表である自分に降りかかってくるということ。

時には挫けそうになる。

当たり前です。

誰もが通る道なんです。

でも、心が折れちゃったら、そこで終わり。ジ・エンド。

起業して成功するには、「自信」と「我慢」。この2つが重要な要素です。

メンタル的なことも書いている記事を最後に掲載させていただきますので、参考にしてください。

目標達成に向けて、頑張っていきましょう!

最後に

もしよろしければ、今回の記事が少しでも役に立ったなと思って頂けたなら、下のボタンより、共有をお願いいたします。今後の記事更新のモチベーションUPになります!

【これらの記事も読まれています】