依頼がない。売上が上がらない。

何をしなければならないでしょうか?

「販促」です。

これしかないんですね。

事務所にこもってメソメソと悲観的になっていても、何も起こらない。

可愛そうだねーと、お客様が来てくれるわけでもありません。

販促については過去記事にも書いてます。→いざというときに、お客様に選ばれる為の唯一の方法

売上が上がらない、依頼がないからと、広告費や販促費を削る。→更に状況は悪化する。→廃業。

広告や販促はモノを売るために行うもの。業務選択を行って、売るものが決まっているのであれば、あとは広告するか販促するしかないんですね。

やることは至極明確なんです。

  • ターゲットはどこにいるのか?
  • ターゲットに向けて何を行えばいいのか?
  • そのためにどの程度の予算が必要なのか?
  • 新規客を顧客に変えるためには何が必要か?
  • リピーターになってもらうにはどんな施策が必要か?

勉強して、自分の頭で考えて、やっていくしかありません。

サイトを作ったのなら、リスティング広告を打つ。ひたすら記事を書く。更新する。コピーを書く。テスト&エラーを繰り返す。改善する。

Yahoo!プロモーション広告

チラシを作ったのなら、ひたすら撒く。撒く。撒く。

不景気、不景気といって、販促費や広告費を削ちゃうから負のスパイラルに陥る。

とにかくなんでもいいからお金をじゃぶじゃぶ使おうよ!と言っているわけではなく、お金がなくてもできる販促もありますから、要は、できること&すべきことは愚直にやりましょう。ってことです。

同業他社が締めているときはチャンスでもあるんです。行政書士業界はまだまだ広告や販促といった面ではゆるい業界です。

(知り合いの小売業者さんなんかは、アマゾンや楽天、リスティングで、競合他社と1円単位の攻防を続けているみたいです。)

無駄使いはいけませんが(ただの浪費でなく)、事業を伸ばしていくための投資にはどんどんお金を使っていきましょう。

よその業界では当たり前にやっていることを、当たり前にやるだけで頭ひとつ抜け出せるのが行政書士業界です。

行政書士が食えないなんて、嘘ですからね。

そんなこという人は、自分の努力不足で食べれてない人で、新人がどんどん出てくるのを怖がっているだけだと思います。

【これらの記事も読まれています】