行政書士が他事務所と「大きな」差別化をはかるのは難しいです。成果物はほぼ同じですから。

値段をバカみたいに下げるとか、ありえない納期を設定してみたり、無茶なものを除いてですね。

上記は差別化を履き違えている典型です。差別化は、お客様の役に立つものでなければなりません。独りよがりな差別化は市場のバランスを大きく崩すばかりで、誰も得しない。

さて、本題です。

微差で勝負する。自分の武器は何か?

実は、差別化って、ビジネスシーンを細かく区切っていったら、とっても簡単なんです。

行政書士は特に。

なぜか?

商売をする上で必要なスキルがない事務所が大半だから

です^^;

齋藤一人さんのこちらの本。

めちゃくちゃいいですから、一度は読んでみてくださいね。

他の事務所とわずかな差をつける。

  • 電話応対
  • メール応対
  • 面談応対
  • 納期
  • 事務所の立地
  • 業務報酬
  • 取り扱い業務
  • 事務所の看板・チラシ・封筒
  • 従業員教育、待遇
  • 身だしなみ etc

ビジネスシーンを区分けして、「自分の強みは何か?大きな差は無理でも小さな差を付けれるところはないか?」を

考えてみてください。いくつでもいいです。

そして、実行してみてください。

すぐに結果は出ませんが、1年後、2年後、5年後・・・・。

長期的視野を持って、小さな差を積み重ねていく。続けていると、そう簡単には追いつかれないほどの差になってます。

僕の経験則です。

ありがたいことにお客様の声などもいただきます。

「前に頼んでいた行政書士さんには1週間かかるといわれたが、御所はその半分の期間で完遂してくれて助かりました。」

「メールと郵送のやり取りのみで打ち合わせができたので、忙しい身にとっては、助かりました。」

「郵送代を負担してくれるのが嬉しかった。」

どれも、至って普通ですよね?

うちの事務所は、当然のごとく、仕事は早く、丁寧に!で業務を行っています。

要は、簡単なことができていない事務所が多いというわけですね。

うちは当然、今後もこのスタイルと続けていって、顧客をコツコツと増やす。人知れず、他事務所と差別化をはかっていきます。

セルジオ・ジーマンは広告の定義を

「広告は、ブランディング、パッケージング、著名人による推奨、後援、広報活動、顧客サービス、従業員の待遇、さらには秘書の電話応対の仕方までをも含んだ活動なのである」

と、しています。

紹介した齋藤一人さんの「微差力」とセルジオ・ジーマンの「実践!広告戦略論」は必ず読んでみてくださいね。

「他事務所と微かな差」を付けること。

今からすぐにでも、考え、行動に移せる差別化。

造語→微差別化。(笑) 

ご参考までに!

それでは、また次回更新をお楽しみに!

【これらの記事も読まれています】